馬のプラセンタを摂取すればプルプルのお肌に変身

美容に期待出来る効果

成分の違いや特徴

女の人

胎盤を意味するプラセンタには様々な栄養素が豊富に含まれており、美肌やアンチエイジングなど、女性にとって嬉しい効果が期待されています。サプリメントなどには豚のプラセンタが使用されていることがほとんどですが、馬のプラセンタは希少で、豚よりも効果が高いと言われています。馬プラセンタに含まれるアミノ酸は豚の数百倍と言われており、アミノ酸にはコラーゲンの生成を促進する働きがあります。アミノ酸を多く摂れることで、コラーゲンの生成を促し、肌のハリやツヤなど美肌効果を実感しやすくなると考えられています。また、豚のプラセンタには含まれていない必須アミノ酸が存在していることも、馬プラセンタの特徴です。馬プラセンタには活性酸素を除去する働きもあるので、シミの予防や改善などアンチエイジングにも効果が期待出来ます。肌への効果だけではなく、新陳代謝を活性化して痩せやすい体質作りにも役立つので、ダイエット中に摂取するのも一つの方法です。ダイエット中は食事制限などで肌荒れを起こしやすいので、肌への効果も期待出来るプラセンタは、ダイエットをサポートする成分として役立ちます。様々な美容への効果が注目されているプラセンタには、女性ホルモンを調整する作用もあると言われています。女性ホルモンのバランスが乱れることによって起こるイライラなど、バランスを調整して精神を安定させるため、更年期障害などにも効果が期待出来る成分です。

美容効果と健康増進に期待

レディ

哺乳類の胎盤や臍帯には、健康増進、若返りの効果が得られる成分・プラセンタが含まれており、加齢による肌の衰えや疲れやすさなどの体力低下に役立つとされています。健康食品や化粧品に配合される有効成分としてメジャーになってきています。美容クリニックでは、有効成分を注射する施術も広く行われています。そもそも胎児を育てるために、体が準備した様々な栄養成分や成長因子が含まれていますので、抽出したエキスに大きな期待が寄せられるのも理解できます。植物性のプラセンタもありますが、動物性のそれと異なるのは成長因子の有無の違いです。植物由来の有効成分は、主に抗酸化作用に着目しており、化粧品に応用されていることが多いと言えます。動物由来の製品に応用される原料は、主に豚と馬を母体するケースがほとんどであり、コスト面で豚が主流となっています。尚、厚労省からの通達によって、はんすう動物はリスクがあるため使用しないこととされています。豚は多頭出産であるため、大量生産しやすいという特徴があります。一方、馬由来のプラセンタは、生育環境が良い点など希少性も相まって、品質の良い高級品といった扱いとなっています。馬由来のプラセンタが特に注目されているのは、アミノ酸がより多く含まれており成長因子との相互作用が期待できるからです。さらに、薬品等による影響を受けない品質の良さの2点です。生育環境に注目すると同じ馬でも、サラブレッドはより高品質であると考えられています。体調面の管理だけでなく、のびのびとした環境でストレスなく育てられている点で健康であるからです。

効果と選びかた

ウーマン

プラセンタは美容に効果のある成分として、たくさんの化粧品や健康食品に使用されています。豚のプラセンタは大量に生産されており多くの商品で見かけることができます。豚以外にも馬のプラセンタがあります。馬からできたものは他に比べてアミノ酸量がとても多いというのが特徴です。またはもともと病気にかかりにくい動物でもあり、生育されている過程でほとんど薬剤を使用せずに育っていきます。そのため綺麗な体の状態から作られた胎盤を使用してプラセンタが作られます。体に取り入れても安全であり、安心して使用できます。馬から出来たプラセンタは、たくさんのアミノ酸やビタミンなどといった体を作る基礎となる成分が含まれています。そのために美白効果に優れており、コラーゲンやエラスチンなどを生成して肌を美しく保ってくれます。またアンチエイジング効果が期待でき、ホルモンバランスをコントロールして体の中から若々しさを導きます。ホルモンバランスが整うことで更年期障害にも効果的です。健康面でも血液をサラサラにする働きがあり、血行を改善させて冷え性対策ができます。馬のプラセンタをサプリメントとして取り入れる時には、その飲みやすさで選ぶことが大切です。サプリメントの形状や大きさ、一日に必要な量を簡単に取り入れることができるかを確認しましょう。また安全に使用するために国産の馬から作られている純度100%の商品を選ぶこともポイントとなります。1日に必要な量をしっかり取れるのか成分表を見て比べることも重要です。必要量は特に決められていませんが、商品により幅に差があるので生きる限り多くの量を摂取できるほうがお得です。